MT-25・MT-03

【MT-25・MT-03用】公道OKなスリップオンマフラーおすすめ6メーカー

MT-25のマフラーを交換したいけど、どんなマフラーがあるのかわからない!
おすすめを教えて~

バイクの定番カスタムといえば、マフラーの交換ですね。

MT-25やMT-03は人気車種なので、スリップオンマフラーだけでも各種パーツメーカーからたくさん開発・販売されています。

選択肢が多くてうれしい反面、逆にどれを選んでいいかわからなくなってしまいますよね。

そこで、本記事ではMT-25・MT-03におすすめの社外スリップオンマフラーを紹介します。

この記事を読むことで、各メーカーから発売されているマフラーの特徴がわかり、比較したうえで自分に合ったマフラーを選べるようになります

おすすめするマフラーの前提条件

今回おすすめするマフラーの条件を以下のとおりとします。

JMCA認証マフラーであること

JMCA認証とは、法の規制値に定められた騒音や排気ガスの測定値をクリアしたもの、要するに公道を走ってもOKな証です。

交換が簡単なスリップオンとする

エキゾーストパイプはノーマルのままで、サイレンサー部分のみを交換するタイプのマフラーです。
比較的かんたんにマフラー交換作業ができます。

※フルエキゾーストタイプもよいマフラーがたくさんありますが、選択肢が多くなりすぎてしまうので今回は除外します。

MT-25・MT-03におすすめのスリップオンマフラー

この記事で紹介するスリップオンマフラーは、以下6つのメーカーです。

  • ワイズギア
  • AKRAPOVIC(アクラポビッチ)
  • OVER Racing(オーヴァーレーシング)
  • ヨシムラ
  • WR’S(ダブルアールズ)
  • BEAMS(ビームス)

それでは、各メーカーのマフラーについて紹介していきます。

ワイズギア

ワイズギアはヤマハ発動機のグループ企業で、ヤマハのバイクの様々なパーツやアクセサリーを開発・販売しています。

純正パーツの位置づけなので、もちろん高品質。

ワイズギアから発売されているマフラーは、PRUNUS(プラナス)という製品です。

プラナスマフラー

純正にもかかわらず攻めたデザインが最高にかっこよく、カーボン調のマフラーカバーが高級感のアップに一役買ってくれます。
形状的には、フェンダーレスキットとの相性もGood。

サウンドはYSP刈谷さんがアップしてくれている動画でチェックできます。

MT-03のマフラーサウンドはこちら↓

ワイズギアのマフラー仕様・価格

ショップを見る対応年式品名素材重量
(ノーマル2.8kg)
近接/加速騒音定価(税込)


全年式プラナスステンレス1.0kg93db/-39,600円

※右スクロールできます

AKRAPOVIC(アクラポビッチ)

マフラーといえばこれ!というくらい有名なAKRAPOVIC(アクラポビッチ)は、ヨーロッパにおける最大級のエキゾーストメーカーです。

車種によっては、純正オプションとして採用されているほど品質・性能が高いです

AKRAPOVICから発売されている製品は、以下の2つです。

  • スリップオンライン GPタイプサイレンサー
  • スリップオンライン カーボンエンド

レース仕様のモデルもあるので、間違えないように注意しましょう。
公道使用不可ですし、けっこう爆音なので。

スリップオンライン GPタイプサイレンサー

AKRAPOVIC スリップオンラインGPタイプ
出典:プロト

レーシーなルックスで、とてもかっこいいです。このマフラーを買うか最後まで悩みました。

アイドリングも走行中もいいサウンドです。

この動画では、YSP横浜戸塚の島田さんがじっくりレビューされていて、とても参考になります。

スリップオンライン カーボン

AKRAPOVICスリップオンラインカーボン
出典:プロト

こちらはオーソドックスなタイプながら、カーボンが美しいですね。
見た目どおりの上質なサウンドを奏でてくれます。

AKRAPOVICマフラーの仕様・価格

ショップを見る対応年式品名素材重量
(ノーマル2.8kg)
近接/加速騒音定価(税込)


全年式スリップオンライン
GPタイプサイレンサー
ステンレス0.9kg93db?49,500円


全年式スリップオンライン
カーボン
ステンレス1.5kg93db?78,100円

※右スクロールできます

なお、ヒートシールド(マフラーカバー)は別売です。
カーボン調でかっこいいので、マフラーと合わせてつけることを強くおすすめします!

OVER Racing(オーヴァーレーシング)

鈴鹿サーキットのお膝元である三重県鈴鹿市で、バイクのさまざまなカスタムパーツを製造・販売しているメーカーです。

車体の年式(旧型と新型)で商品の型番が異なるので、気をつけてください。
逆に考えれば、各年式における最適な調整がされているということですね。

OVER Racingから発売されている製品は、以下の5つです。

  • TT-Formulaフルチタン
  • TT-Formula RS フルチタン
  • TT-Formula RS+PRO フルチタン
  • GP-PERFORMANCE RS フルチタン
  • ツインチタンメガホン

TT-Formulaフルチタン

TT-Formulaフルチタン
出典:OVER Racing

オーソドックススタイルのサイレンサーです。
サイレンサー容量が大きいので、重低音かつジェントルなサウンド。

近接騒音値が89dbなので、ノーマルマフラーよりも音量が抑えられます。(ノーマルは90db)

サウンドが聞ける動画はこちら。

TT-Formula RSフルチタン

TT-FormulaRSフルチタン
出典:OVER Racing

マフラーエンドがRSという種類のモデルです。
切り落とされたようなマフラーエンドと計算された焼き色がとてもスタイリッシュ。

TT-Formula RS+PRO フルチタン

TT-Formula RS+PRO
出典:OVER Racing

TT-Formulaシリーズの最終進化形といえるRS+PROモデル。
最新型だけあって秀逸なデザインです。しかし、対応する車種は新型のみになります。

近接騒音はノーマルマフラーの90dbよりも低い87db。

GP-PERFORMANCE RS フルチタン

GP-PERFORMANCE RS フルチタン
出典:OVER Racing

ショートタイプのサイレンサーです。
ビジュアル、サウンドともにレーシーで、乗り手をうっとりさせてしまいますね。

ツインチタンメガホン

ツインチタンメガホン
出典:OVER Racing

片側2本出しのトリッキーなデザインがとてもいいですね。
高回転のほうがいいサウンドを奏でる設計になっており、動画からもその官能的なサウンドがわかります。

OVER Racingマフラーの仕様・価格

ショップを見る対応年式品名素材重量
(ノーマル2.8kg)
近接/加速騒音定価(税込)


2016~17年型TT-Formulaフルチタンチタン1.55kg89db/77db78,100円

GP-PERFORMANCE RS フルチタンチタン1.2kg93db/79db69,300円


ツインチタンメガホンチタン1.0kg93db/77db63,800円


2018年型~TT-Formulaフルチタンチタン1.55kg89db/77db78,100円


TT-Formula RSフルチタンチタン1.55kg89db/77db75,900円


TT-Formula RS+PRO フルチタンチタン2.18kg87db/75db75,900円


GP-PERFORMANCE RS フルチタンチタン1.2kg93db/79db69,300円

※右スクロールできます

ヨシムラ

カタカナで「ヨシムラ」のロゴがついているマフラーを見かけたことがある人は多いはず。
バイクだけでなく、自動車の部品や用品も開発・販売しており、レース界隈でも有名です。
1978年に始まった鈴鹿8耐では、あのホンダを制して第1位に輝いています。

そんなヨシムラから発売されている製品は、以下の2つです。

  • R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC
  • R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC

R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC

ヨシムラサイクロンカーボンエンド
出典:ヨシムラジャパン

いわゆる「ヨシムラサイクロン」と呼ばれるマフラー。
マフラーエンドがカーボン加工されているタイプです。

画像はステンレスタイプですが、サイレンサーの材質はステンレス・メタルマジック・チタン・チタンブルーのバリエーションがあるので、好みに合わせたタイプがチョイスできますね。

動画のマフラーはサイレンサーがメタルマジックカバーです。

R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC

出典:ヨシムラジャパン

先端に向けて徐々に太くなるサイレンサー、斜めに切り落とされたようなマフラーエンドがとてもクール。

ヨシムラマフラーの仕様・価格

ショップを見る対応年式品名素材重量
(ノーマル2.8kg)
近接/加速騒音定価(税込)


2016~2018年型R-77S サイクロン カーボンエンド
EXPORT SPEC
ステンレス
メタルマジック
チタン
チタンブルー
1.9kg
1.9kg
1.7kg
1.7kg
92db/78db67,100円~


R-11 サイクロン 1エンド
EXPORT SPEC
ステンレス
メタルマジック
チタン
チタンブルー
2.0kg
2.0kg
1.8kg
1.8kg
92db/78db79,200円~


2019年型R-77S サイクロン カーボンエンド
EXPORT SPEC
サテンフィニッシュ
メタルマジック
チタンブルー
1.9kg
1.9kg
1.7kg
92db/78db63,800円~


R-11 サイクロン 1エンド
EXPORT SPEC
サテンフィニッシュ
メタルマジック
チタンブルー
2.1kg
2.1kg
1.9kg
92db/78db81,400円~

※右スクロールできます

WR’S(ダブルアールズ)

WR’Sは大阪に本社工場を構える、バイクマフラーに特化したメーカーです。

発売されている製品は、以下の4種類。

  • ラウンド
  • ショートオーバル(S.O.V)
  • チタンオーバル(ST-OVAL)
  • SS-OVAL

さらに、素材もチタン、カーボン、焼き色仕様などから好きな組み合わせをチョイスできます。
価格が比較的リーズナブルなのも嬉しいところですね。

なお、WR’SのマフラーはMTとYZFシリーズのマフラー型番が異なるので、YZFユーザの方はご注意ください。

ラウンドタイプ

出典:WR’S

ステンレス、カーボン、焼き色チタンが選べます。(画像はステンレス)

サウンドチェックはこちら!

ショートオーバル(S.O.V)タイプ

出典:WR’S

ステンレス、チタン(ソリッドカラー)、焼き色チタンのバリエーションが選べます。
画像は2022年1月に新発売となったステンレスです。

サウンドチェックはこちら!

こちらの動画では、ケニー佐川さんがレビューされています!

チタンオーバル(ST-OVAL)タイプ

出典:WR’S

ソリッド、焼き色のバリエーションが選べます。(画像はソリッドタイプ)

SS-OVALタイプ

出典:WR’S

ソリッド、焼き色のバリエーションが選べます。(画像は焼き色タイプ)
新型にのみ対応。

アルミ製のヒートガードは別売ですが、マフラーの付け根が引き締まるので、合わせてつけたいですね。

WR’Sマフラーの仕様・価格

ショップを見る対応年式品名素材重量
(ノーマル2.8kg)
近接/加速騒音定価(税込)

2016年型~ラウンドタイプステンレス
カーボン
焼き色チタン
1.9kg
1.7kg
1.6kg
90db/76db44,000円
53,900円
53,900円

ショートオーバル(S.O.V)チタン
焼き色チタン
ステンレス
1.2kg
1.2kg
1.3kg
93db/79db47,300円
49,500円
42,900円

チタンオーバル(ST-OVAL)ソリッド
焼き色
1.8kg90db/76db58,300円
62,700円

2018年型~SS-OVALチタンソリッド
焼き色仕様
1.68kg90db/74db63,800円
68,200円

※右スクロールできます

BEAMS(ビームス)

BEAMSは、大阪府豊中市でバイクマフラーやカスタムパーツを製造・販売しているメーカーです。

業界トップクラスの生産設備を持つ工場のメリットを活かし、コストパフォーマンスの高い製品を製造しています。

R-EVO スリップオン ヒートチタンサイレンサー

出典:BEAMS

ノーマルマフラーよりも音量は上がっていますが、落ち着いた重低音が奏でているイメージです。

公式のサウンド動画はこちら↓

R-EVO スリップオン ステンレスサイレンサー

出典:BEAMS

サイレンサーの素材がステンレスのバリエーション。
チタンよりはやや重量がありますが、価格面ではステンレスのほうが安くなります。

BEAMSマフラーの仕様・価格

ショップを見る対応年式品名素材重量
(ノーマル2.8kg)
近接/加速騒音定価(税込)


2016~2019年型R-EVO スリップオン
ヒートチタンサイレンサー
チタン1.45kg91db/-55,000円


R-EVO スリップオン
ステンレスサイレンサー
ステンレス1.75kg91db/-47,300円

※右スクロールできます

MT-25/MT-03おすすめマフラーの全メーカーを比較

今回紹介したマフラーの重量・音量・価格で比較できるよう、一覧にしました。

メーカーマフラー重量近接/加速騒音定価(税込)
ワイズギアPRUNUS1.0kg93/-39,600円
AKRAPOVICスリップオンラインGPタイプ0.9kg93/-49,500円
AKRAPOVICスリップオンライン カーボン1.5kg93/-78,100円
OVERTT-Formulaフルチタン1.55kg89/7775,900円
OVERTT-Formula RSフルチタン1.55kg89/7775,900円
OVERTT-Formula RS+PRO フルチタン2.18kg87/7596,800円
OVERGP-PERFORMANCE RS フルチタン1.2kg93/7969,300円
OVERツインチタンメガホン1.0kg93/7763,800円
ヨシムラR-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC1.7kg92/7861,600円~
ヨシムラR-77Sサイクロン 1エンド EXPORT SPEC1.8kg92/7879,200円~
WR’Sラウンドタイプ ステンレス1.9kg90/7644,000円
WR’Sラウンドタイプ カーボン1.6kg90/7653,900円
WR’Sラウンドタイプ 焼き色チタン1.7kg90/7653,900円
WR’Sショートオーバル(S.O.V)ステンレス1.3kg93/7942,900円
WR’Sショートオーバル(S.O.V)チタンソリッド1.2kg93/7947,300円
WR’Sショートオーバル(S.O.V)チタン焼き色1.2kg93/7949,500円
WR’Sチタンオーバル(ST-OVAL)ソリッド1.8kg90/7658,300円
WR’Sチタンオーバル(ST-OVAL)焼き色1.8kg90/7662,700円
WR’SSS-OVAL ソリッド1.68kg90/7663,800円
WR’SSS-OVAL 焼き色1.68kg90/7668,200円
BEAMSR-EVO スリップオン ヒートチタンサイレンサー1.45kg91db/-55,000円
BEAMSR-EVO スリップオン
ステンレスサイレンサー
1.75kg91db/-47,300円

※右スクロールできます

一覧化にあたり、以下の基準で1位を赤字、2位青字、3位緑字で表現しました。

  • 重量:もっとも軽量
  • 音量:もっとも静か
  • 価格:もっとも安い

迷ってしまったら、コスパが高いワイズギアのプラナスか、最軽量で有名ブランドAKRAPOVICのGPタイプがおすすめ!

まとめ

本記事では、MT-25/MT-03におすすめのスリップオンマフラー6メーカーを紹介させていただきました。

  • ワイズギア
  • AKRAPOVIC(アクラポビッチ)
  • OVER Racing(オーヴァーレーシング)
  • ヨシムラ
  • WR’S(ダブルアールズ)
  • BEAMS(ビームス)

どのマフラーもそれぞれ甲乙つけがたい魅力があるので、ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてください。

以上、参考になれば幸いです!

【MT-25・MT-03用】公道OKなフルエキゾーストマフラーおすすめ2メーカー MT-25のマフラーを交換したいけど、やっぱりパワーアップを感じられるフルエキにしたい!おすすめを教えて~ MT-25・MT...
買ってよかった!MT-25・MT-03をもっと快適にするカスタムパーツおすすめ8選ヤマハMT-25、MT-03のカスタムパーツは豊富にあるので、どれを買ったらいいのかわからない!という嬉しい悩みを抱えている方も多いですよね。 そこで本記事では、実際に購入してよかったと思うMT-25・MT-03のカスタムパーツについて、使用している感想をお伝えしながら紹介します。...

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を日々模索している。