MT-25・MT-03

バイクの積載性アップ!MT-25・MT-03のスタイルを崩さないシートバッグおすすめ4選

MT-25やMT-03は荷物を入れるところが全然ないんだよね~
シートバッグをつけたいけど、バイクのフォルムを崩したくはないし……

MT-25・MT-03のように、ネイキッドバイクの大半は見た目どおり積載性がほとんどありません。

かといって、リアキャリアやボックスををつけると、バイク本来のフォルムが大きく変わってしまうので、抵抗を感じてしまう人もいますよね。

そこで本記事では、バイク本来のシルエットをできるだけ崩さないスタイリッシュなシートバッグを紹介します。

この記事を読むことで、MT-25・MT-03のようなネイキッドバイクに似合うシートバッグのラインナップがわかり、気に入ったシートバッグを選ぶことができます

おすすめするシートバッグの条件

今回紹介するシートバッグの条件は、以下のとおりとしました。

  • バイクのシルエットを大きく崩さない
  • 日帰りツーリング向きの大きさ
  • 取り付けがカンタン

バイクのシルエットを大きく崩さない

これが今回の一番の目的です。バッグをつけた状態がかっこ悪いと、バイクに乗りたくなくなりますよね。

日帰りツーリング向きの大きさ

容量が大きいほうがもちろん利便性は高いですが、同時にバイクの見た目も損なうことになります。そのため、日帰りにちょうどいいくらいのサイズとします。

取り付けがカンタン

取り付けが面倒くさいものは、それだけで使いたくない理由になります。

MT-25・MT-03のスタイルを崩さないおすすめシートバッグ4選

今回紹介するシートバッグは、以下の4つです。

  • TANAX MOTOFIZZ シェルシートバッグSS
  • TANAX MOTOFIZZ シェルシートバッグMT
  • デイトナ ヘンリービギンズ シートバッグ
  • デグナー シートバッグ

TANAX MOTOFIZZ シェルシートバッグSS MFK-236、237

TANAX MOTOFIZZ シートバッグSS
出典元:TANAX

上部はセミハードシェル、下部はソフトな素材でできているので、上からの衝撃に強く色んな形状の荷物に対応します。

リヤシートにフィットする形状なので、バイクのシルエットを崩しません。

容量は5Lと少なめですが、高さが内寸で155mmあるので、意外と多く荷物を詰め込むことができます。

TANAX MOTOFIZZ シートバッグSSに入る荷物
出典元:TANAX

シートバッグの固定ベルトは、1本のベルトをリアシートへ巻きつけるだけの「Kシステムベルト」が使われているので、めちゃくちゃカンタン。

TANAX MOTOFIZZ シートバッグSSのシートへの取り付け
出典元:TANAX

ハンドグリップがついているので、休憩時の持ち運びにも対応します。

カラーはブラック、シルバーの2色。

TANAX MOTOFIZZ シートバッグSSのカラーバリエーション
出典元:TANAX
材質PC樹脂+1680Dポリエステル
サイズ173(H)×216(W)×278(D)mm
容量5L
最大収納量3.0kg
価格(税込)12,650円

MFK-236
¥8,480 (2022/10/30 11:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

TANAX MOTOFIZZ シェルシートバッグMT MFK-238、239

TANAX MOTOFIZZ シートバッグMT
出典元:TANAX

最初に紹介したシートバッグSSの容量アップバージョンがこちら。

通常時の容量は10Lですが、このバッグには容量アップ機構が備わっており、最大時は14Lまで拡張します。

TANAX MOTOFIZZ シートバッグMT容量最大時
出典元:TANAX

ツーリング先でお土産を買ったときでも、さっと容量をアップすることで対応できますね。

カラーラインナップは、シートバッグSSと同じくブラック、シルバーの2色です。

TANAX MOTOFIZZ シートバッグMTカラーバリエーション
出典元:TANAX
材質PC樹脂+1680Dポリエステル
サイズ194(H)×256(W)×326(D)mm
容量10~14L
最大収納量4.0kg
価格(税込)14,300円

MFK-238
¥8,400 (2022/10/29 15:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

デイトナ ヘンリービギンズ シートバッグ DH-708

ヘンリービギンズ シードバッグ
出典元:ヘンリービギンズ

バイクのシルエットを崩さないミニマルなデザイン!
なるべくバイクのシルエットを崩したくない人にオススメします。

MT-25・MT-03のリアシートにもちょうどピッタリな大きさ。

バッグの高さが11cmなので、乗り降りするときに邪魔にならない!

カラーバリエーションは以下の3色で、いずれも高級感がある生地が使われています。

  • 合皮&ブラック
  • カーボン&ブラック
  • カーボン&レッド
ヘンリービギンズ シートバッグ カラーバリエーション
出典元:ヘンリービギンズ
サイズ110(H)×250(W)×285(D)mm
容量4L
最大収納量5.0kg
価格(税込)9,350円

DH-708
¥6,324 (2022/10/30 11:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

一方で、容量はレインウェアがなんとか入るくらいの4Lなので、レインウェアに加えて何か入れておきたい場合は6LのラインナップであるDH-723を選んだほうがよいかもしれません。

DH-723
¥6,135 (2022/10/30 11:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

デグナー シートバッグ NB-50A

デグナー シートバッグ

私自身も購入したバッグがこちら、デグナーのシートバッグです。

通常時の容量は13.5Lですが、最大時はなんと32Lまで拡張!

デグナー シートバッグ拡張前
拡張前のシートバッグ
デグナー シートバッグ1段階拡張後
拡張後のシートバッグ

画像の状態は拡張1段階の状態ですが、さらにもう1段階拡張できます。

最大時はフルフェイスのヘルメットも入っちゃう!

ふだんは日帰りにちょうどいい大きさで、その気になれば泊りツーリングも余裕の大きさになるので、コストパフォーマンスは抜群。

上にファスナーがついているので、小物を気軽に出し入れできるところもポイント高いです。

フラップ裏は中身の見えるメッシュポケットになっています。

さらなる推しポイントは、リュックとしても使えるところ。

デグナー シートバッグを背負う
出典元:デグナー

バイクから離れて休憩するときには、シートバッグを背中に背負って歩けるので、盗難リスクの面からも安心です。

材質ポリエステル、TPR
サイズ230~440(H)×240(W)×340(D)mm
容量13.5~32L
価格(税込)12,650円

NB-50A
¥12,650 (2022/10/30 11:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

デグナーはこのシートバッグ以外にも多数のラインナップがあるので、デグナーのオンラインショップで好みのバッグを探すのもアリかと思います。

デグナーのオンラインショップを見る

シートバッグの比較

本記事で紹介したシートバッグを一覧表にしました。

(横スクロール可、ヘッダータップで並び替え)

製品容量縦(mm)横(mm)高さ(mm)価格(税込)
TANAX MOTOFIZZ
シェルシートバッグSS
5L27821617312,650円
TANAX MOTOFIZZ
シェルシートバッグMT
10~14L32625619414,300円
デイトナ ヘンリービギンズ
シートバッグ DH-708
4L2852501109,350円
デグナー
シートバッグ NB-50A
13.5~32L340240230~44012,650円

まとめ

本記事では、MT-25・MT-03におすすめのシートバッグ4選を紹介しました。

  • TANAX MOTOFIZZ シェルシートバッグSS
  • TANAX MOTOFIZZ シェルシートバッグMT
  • デイトナ ヘンリービギンズ シートバッグ
  • デグナー シートバッグ

いずれも、取り付けがカンタンで容量も日帰りツーリングには充分、バイクのスタイルもキープできるデザインです。

積載性がアップするとバイクの快適度がかなり上がるので、持っていない人は検討してみてはいかがでしょうか。

以上、参考になれば幸いです!

Amazonでよく買い物をするなら

「Amazonプライム会員の登録」がおすすめ!

  • 送料無料、お急ぎ便などのさまざまな配送オプション
  • Prime Videoで人気の映画やテレビ番組が見放題
  • Amazon Musicで200万曲以上聞き放題
  • Amazon Readingで1000冊以上の本が読み放題
  • Amazon Photoで無制限のストレージ

無料体験後は月500円(税込)、いつでも解約できます

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 いかに快適で楽しくバイクに乗るかを日々追及している。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を常に模索している。