テレワーク

謎のメーカーAnpoowのBluetoothヘッドセットレビュー

謎のメーカー「Anpoow」のBluetoothヘッドセットは、AmazonでBluetoothイヤホンのベストチョイスに選ばれています。

しかしながら、日本では聞いたことがないメーカーなので、本当に買っても大丈夫?と心配になる方もいますよね

そこで本記事では、AnpoowのBluetoothヘッドセットを実際に買って使ってみた感想をお伝えします

製品仕様

製品仕様は以下のとおりです。

対応OSWindows、MacOS、Android、iOS
Bluetoothバージョン5.0
充電池容量110mAh
充電時間1.5時間
充電方式USB-C
音楽再生時間8時間
通話時間10時間
待機時間180時間
対応プロファイルHFP,HSP,A2DP,AVRCP

本体・同封物

Bluetoothヘッドセット本体はこんな感じ。

ヘッドセット本体

Amazonで見た画像と印象は同じです。

全体的にプラスチック製ですが、さほど安っぽさは感じません。

同封物

同封物は、説明書と充電用のUSB-Cケーブル、交換用のイヤーピース、イヤホンケース。

しっかりとしたケースなので、持ち運びには便利そうです。

イヤホンをケースに入れるとイヤホン本体の厚みでフタが完全に閉まらず、1~2mmくらい浮いた状態になります。

ケースのフタを開けた状態

フタを閉めた状態は以下のとおり。

ケースのフタを閉めた状態

ケースをさかさにすると、5mmくらい隙間ができます。

イヤホンが落ちるほどの隙間ではないので、バッグに入れている分には気にならないレベルです。

操作について

ボタンは以下4つです。

  • MFB(マルチファンクションボタンの略?説明がない・・・)
  • ミュートボタン
  • +ボタン
  • -ボタン

くわしい操作は付属の説明書のとおりですが、Web会議に使うだけならMFBの長押しが電源ON/OFFということを知っていればOKです

Anpoow Bluetoothヘッドセット説明書1
Anpoow Bluetoothヘッドセット説明書2
Anpoow Bluetoothヘッドセット説明書3

充電

充電ポートは後ろ側にあり、USB-Cに対応しています。

充電ポートはフタがなくむき出しですが、汗で蒸れるような場所ではないので困ることはありません。

装着してみた

Anpoow Bluetoothヘッドセットを左耳に装着した状態

フックの向きを変えることで、右耳と左耳どちらにも装着することができます。

右耳につけるときはフックを回転させる
右耳につけるためにフックを回転させた状態

まず耳のフックをかけてからイヤーピースを耳の穴に入れる、という順番でつけるとスムーズに装着できます。

最初は装着するのにちょっと手間取りましたが、慣れれば大丈夫ですね。

メガネをつけていても、特に装着しずらいことはありません。

メガネをつけてAnpoow Bluetoothヘッドセットをつけた

イヤホン部分はカナル型ですが、ヘッドセットの形状のせいなのか耳の奥までは入りません。

Web会議してみた

1時間連続してつけていても、耳の周りが痛くなるようなことはありません。

マイクはPC内蔵のものよりもしっかり機能してくれて、小さな声もちゃんと拾ってくれます。

マイクにノイズキャンセリング機能があり、余計な雑音をカットしてくれているので、相手側も聞きやすいとのことでした。

1日で5時間Web会議で使ったこともありましたが、バッテリーもしっかりもってくれました。

カタログ上では10時間の通話が可能とあるので、1日中Web会議していてもバッテリー切れの心配は無用ですね。

音楽を聴いてみた

これは・・・

楽器類の音はぐちゃっとつぶれてしまい、その代わりボーカルが強調されて聞こえます。

あくまでWeb会議用として、人の声がよく聞こえるように特化されているのか?

だとしたら、用途としては納得の設定です。

少なくとも、音楽を聴くことには適していないことがわかりました。

まとめ

今回は、AnpoowのBluetoothヘッドセットの使用感をお伝えしました。

おすすめなところ
  • Web会議専用として使うなら、充分な機能でコスパがよい
    コールセンターで大量購入するケースもアリ!
  • 専用のケースがあるので持ち運びしやすい
  • 充分なバッテリー性能

こんな人にはおすすめできないかも
  • いい音質で音楽を聴きたい

私は1年以上使い続けていますが、特に故障や不具合もなく快適に使えているので、安い価格でBluetoothのヘッドセットを使いたい場合は、選択肢としては全然アリです!

個人的な思いとしては、テレワーク環境でのWeb会議ならばAfterShokzの骨伝導イヤホンのほうが着け心地や機能面でおすすめしたいです。

骨伝導イヤホンAftershokz OpenMoveレビュー!Web会議もOK骨伝導イヤホンの中でも評判の高いAftershokz(アフターショックス)※のエントリーモデル、OpenMove(オープンムーブ)を買ってみたので、使用感をお伝えします。...

テレワークにおすすめ!効率が格段にアップするグッズ・アイテム7選 コロナ禍でテレワークが多くなった人もかなり増えましたね。 といっても自宅での業務は非効率になってはいませんでしょうか。 今...

余談:販売元について

そもそもAnpoowってどんなメーカーなんだろう・・・と思って検索したところ、会社のサイトがありました。

サイトの雰囲気から日本の会社ではなさそうですが、会社概要をクリックしたらなんとページが存在しない・・・

ググった結果では中国の会社のようですが、情報ソースは不明です。

ただ、製品としては問題なく使えますし、サポートセンターや1年保証もあり、Amazon出品者として長期間販売している実績もあるので、気にする必要はないかなと思います。

以上、参考になれば幸いです!

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を日々模索している。