テレワーク

テレワークにおすすめ!効率が格段にアップするグッズ・アイテム7選

コロナ禍でテレワークが多くなった人もかなり増えましたね。

といっても自宅での業務は非効率になってはいませんでしょうか。

今まで自宅で仕事をしていない人は、仕事に適した環境になっておらず、思ったように進めることができないと感じることもあるのでは。

テレワークになってみて初めて、当たり前だった会社の作業環境が実はとてもよかったことに気づく方もいるかと思います。

逆に言えば、自宅の環境を整えれば劇的にテレワークの業務効率がアップします

そこで、今回はテレワークでの業務効率がアップ、またはあると便利なグッズ・アイテムを紹介します

この記事はこんな人におすすめ
  • コロナ禍で急にテレワークになったけど、出社していたときよりも仕事がはかどらない
  • テレワークでの業務効率をあげたいけど何をしていいかがわからない
  • テレワークが快適になるおすすめグッズを教えてほしい

コロナ禍以前からテレワークを実施している私がおすすめするグッズは、以下の7つです。

  • テレワーク用デスク、チェア
  • 外付けモニター
  • Bluetoothマウス
  • Bluetoothキーボード
  • リストレスト
  • Bluetoothイヤホン(ヘッドセット)
  • PC用スピーカー

では、これらが業務効率をアップしてくれる理由を解説していきます。

テレワーク用おすすめアイテム:デスク、チェア

当たり前のことを言っていますが、基本中の基本であり、とても大事なポイントです。

床にあぐらをかいて座りながら仕事している人も意外といます。

昔は円卓にPCを置き、床にあぐらをかいて仕事をしていたこともありましたが、足と腰がとっても痛くなり長く続けると身体に悪影響があること、集中力も途切れ途切れになります。

デスクは、PCと後述のPC用モニターが置ける大きさのものを選びましょう。

横幅120cmあれば充分です。

さらに引き出しがついていると小物類をさっと入れておけるので便利ですね。

チェアは、デスクワークに適したものを買ったほうがいいでしょう。パイプイスのような安いものに座り続けると、結局お尻や腰が痛くなってしまいます。

より追及すると、ゲーミングチェアなんて最高にいいと思います。

高額にはなりますが、自分への健康への投資と考えると、値段以上分の価値はあるでしょう。

有名どころではAKRACINGのゲーミングチェアは評判もいいです。

テレワーク用おすすめアイテム:PC用モニター

これは、PCをマルチモニター化するためです。

マルチモニターとは

マルチディスプレイ、デュアルモニターとも言います。
一つのPCで2つ以上のモニターを使用できるようにすることです。
同時に複数のアプリやウインドウを立ち上げても、ウインドウを切り替えずに表示できるという利点があります。

PCをマルチモニター化することで、作業効率が格段に向上します。

特にノートPCの場合は画面が小さいものが多いので、PC用外付モニターは20インチ以上のものを購入するのがおすすめ。

前述で紹介したデスクの大きさには23~25インチが適切な大きさです。

今は1~2万円で、性能のよい製品を購入できるので、とてもコスパの高いアイテムです。

テレワーク用おすすめアイテム:Bluetoothマウス

ワイヤレスでPCと接続するマウスがおすすめ。

マウスとPCの間にケーブルがないだけで、デスクの上がとてもスッキリとするからです。

PCを持ち運ぶときも、わざわざケーブルを抜き差しする必要がありません。

PC側がBluetoothに対応していない場合でも、Unifying USBレシーバーがついているモデルもあり、レシーバーをUSBポートに差すだけでBluetoothマウスを使うことができます。

私のおすすめは、ロジクール(logicool)のマウスです。

安定した品質で、各ボタンの割り当てもLogicool Optionという無料ソフトで自由にカスタマイズできます。

人によっては、トラックボールマウスが好きな方もいます。

→LogicoolのトラックボールM575レビューはこちら!

テレワーク用おすすめアイテム:Bluetoothキーボード

マウスと同じく、ワイヤレスで接続する外付けキーボードをおすすめします。

それは、デスク周りをスッキリさせることと、外付けPC用モニターを設置したときのモニター配置によるもの。

ノートPCのモニターを外付けモニターの距離感と同じにするため、あえてノートPCを遠めの位置に置くとノートPCのキーボードが遠くなってしまうからです。

→Bluetoothキーボードの使用レビューはこちら!

テレワーク用おすすめアイテム:リストレスト

リストレストとは、マウスやキーボードを使う際に、手首を置くためのクッションのことです。

ずっとPCで作業をしていると、固いデスクの上にずっと手首を置くことになるので、地味に手首へのダメージがあります。

手首が痛いのに無理をして作業を続けると、最悪は腱鞘炎になってしまうことも。

リストレストをマウスやキーボードの手前に置いて、手首へのダメージを減らしましょう。

テレワーク用おすすめアイテム:Bluetoothイヤホン(ヘッドセット)

Web会議を快適にするためのアイテムで、ワイヤレスでPCと接続するイヤホンです。

有線のイヤホンを使っている場合は、会議中にPCの前から動くことができなくなってしまうためです。

無線にすることで、会議中でもPCの前から動くことができるので、こっそりストレッチをしたり、飲み物を取りに行くことも可能。

一度Bluetoothイヤホンにすると、もう有線のイヤホンには戻れませんよ。

—>おすすめBluetoothイヤホン「AfterShokzの骨伝導イヤホンOpenMove」のレビューへ!

—>Web会議専用のコスパ重視なイヤホン「AnpoowのBluetoothイヤホン」レビューはこちら

テレワーク用おすすめアイテム:PC用スピーカー

気分転換にサブスクで音楽を聴きながら仕事する人も多いと思いますが、外付けのPC用スピーカーをおすすめします。

PC内蔵のスピーカーよりも、いい音質で音楽を聴いたほうが気分も上々です。

出力は15Wもあれば十分。

注意点としては、好きな音楽をかけると曲のほうに意識がいってしまい、歌いだしたりして集中できないということがありますね。

そのため、仕事中はできればBGM的な音楽のほうが集中できます。

私はAmazonMusicで「カフェ・ジャズ」のプレイリストをよく流していますが、まさにカフェにいるような気にさせてくれます。

まとめ

今回は、テレワークでの業務効率がアップするグッズ・アイテムを紹介しました。

テレワークはコロナ禍以降の業務スタイルとして定着しましたので、効率アップすることで他の人と差をつけましょう!

最後に、今回紹介したアイテムを使っている私のテレワーク環境をご紹介します。

テレワーク環境例

もちろんこれで完了ではなく、より快適なテレワーク環境を日々模索しながら改善中です。

以上、参考になれば幸いです!

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を日々模索している。