テレワーク

ロジクールMX KEYS KX800レビュー!テンションが上がる高級ワイヤレスキーボード

  • ロジクールのMX KEYS KX800が気になっているけど、高いから購入を迷っている
  • このキーボードにどんな機能があるのかを知りたい
  • 価格に対する価値があるのかを知りたい

キーボードで文字をたくさん打つ仕事をしているなら、少しでも楽にタイピングしたいですよね。

私も本業のシステムエンジニアでは大量のメール発信とドキュメント作成、かつ当ブログの執筆をしているので、タイピング量はかなりのボリュームです。

そのため、快適なタイピングを求めて以下の製品を購入しました。

ロジクールの中でも、最上位に位置づけられるMASTERシリーズ「Logicool ワイヤレスキーボード MX KEYS KX800」

この製品の機能と使用感についてお伝えします。

本記事を読むことで、このキーボードのメリットやデメリットがわかり、購入するかの判断ができるようになります

MX KEYS KX800の仕様・スペック

本製品の仕様・スペックは以下のとおり。

サイズ高さ131.63mm×幅430.2mm×奥行20.5mm
重量810g
対応OSWindows、macOS、Linux、ChromeOS、Android
キーレイアウト113キー日本語レイアウト
キースイッチパンタグラフ方式
キーピッチ19mm
キーストローク1.8mm
USBタイプUSB-C
電池寿命10日/バックライト未使用時は20週間
接続デバイス数最大3
Flowコントロール数最大3
カラーグラファイト

MX KEYS KX800の外観・デザイン

外箱・同封物

KX800外箱

こちらが外箱。
持った瞬間にビックリ。「重っ!
そして、フタを開けるとさらに箱が現れました。

KX800中箱

そして、中箱のフタを開けると・・・

KX800中箱オープン

さらに紙に包まれています。これが高級キーボード。

KX800本体

やっと本体が出てきてくれました。

同封物はUnifying USBレシーバーにUSB-Cケーブル、保証書類。

KX800同封物

キーボード本体は重くて頑丈

KX800本体

メタルプレートでできている本体は、とても頑丈そうです。
つや消しコーティングのキーとの組み合わせが高級感を感じさせます。

KX800球状のくぼみ

一番の特徴である球状のキーのくぼみ。

滑らかなタイピングの補助にもなりますし、デザインとしても好きです。

KX800横から

一番手前の薄さが5mm程度。奥にかけて徐々に高くなっています。

KX800背面

背面はこのとおり。

6つのゴムで支えています。

高さ調整の機構はありません。

KX800とMX Anywhere3

同じくロジクールのマウス「MX Anywhere3」との組み合わせは、同じMXシリーズなので機能面はもちろん、ビジュアルの相性もバッチリです。

電卓とスクショのボタンがうれしい

テンキーの上部に電卓とスクリーンショット(Windowsのプリントスクリーン)のキーがあり、ワンタッチで電卓が起動、スクリーンショットが取得できます。
どちらも多用するので、個人的に高ポイントです。

電卓とPrtScnキー

スマートイルミネーション機能(バックライト)

KX800イルミネーション

キーボードに手を近づけるとバックライトが点灯し、手を放してしばらくすると消灯します。
明度は周りの明るさで自動調整してくれますが、ファンクションキーのF6、F7で明度の調整が可能。

KX800のF6、F7キー

正直、人によって不要な機能ですが「スマートイルミネーション」という名のとおり、手を近づけるとスウっと点灯するさまはイルミネーションの名にふさわしく、テンションが上がります。
ガンダムが発進する前に目が光るのと同じ理屈(?)です。

なお、不要な場合はF6を数回押せばバックライトをオフにできます。

iCleverのワイヤレスキーボードIC-BK22と比較

今まで使っていたiCleverのワイヤレスキーボードIC-BK22と比較してみました。

KX800とIC-BK22の比較
KX800とIC-BK22の比較を横から

iCleverはコンパクトタイプのキーボードなので、そのぶん横幅が短くなっています。
横から見た薄さはiCleverのほうが薄いですが、使うぶんには変わらない程度の差です。

重さについては、iClever373gに対してKX800は810gと2倍以上。
持ち歩きにはiCleverのほうが適していますが、KX800はそもそも持ち歩きを想定していない製品なので問題なしです。

MX KEYS KX800のペアリング・接続方法

開封後、初めて電源を入れたときはすでにペアリングモードになっています。
Bluetooth接続をする場合は、ペアリング側機器のBluetooth設定画面から「MX KEYS」を選択して接続しましょう。

KX800の電源とUSBポート
USBポートの左側が電源ボタン。スライドでオンオフ。

同封物にあるとおり、Unifying USBレシーバーでの接続も可能。

例えば、会社のPCがBluetooth接続できないよう制御されているときにレシーバーを使うとよいと思います。

説明書というほどではないですが、パッケージのフタ裏側にペアリングの説明図が書いてありました。

中箱の裏

最大3つまでのマルチデバイス対応(Easy-Switch)

最大3つまでのデバイスとペアリングができます。

Easy-Switchキーを押すことにより、接続先の切り替えが可能。

Easy-Switchキー
insertキーやhomeキー、Pageupキーの上がEasy-Switchキー

私は1台目をメインPC、2台目以降をiPadやスマホに接続しています。
異なるOSを同じキーボードで対応できるのは素晴らしいですね。

無料ソフト「Logicool Options」でキーのカスタマイズが可能

ロジクール製品用の無料ソフトウェア「Logicool Options」を使って、ファンクションキーなどのカスタマイズができます。

Logi Options+
画像はLogicool Optionsの次世代アプリ「Logi Options+」ベータ版

白く囲まれたキーが変更可能なところ。

なんと、アプリケーションごとにファンクションキーの割り当てが可能。恐るべき多機能ですね。

Flowという機能もあり、Flow機能に対応したマウス(MX Master3やMX Anywhere3)と組み合わせることで、マウスカーソルを移動するだけで接続先を変更することができます。

すごい機能ですが、私はPCを2台も持っていないので使わない機能ということに。

MX KEYS KX800のバッテリーの持ちは10日間

充電ポートはUSB-Cで、電源ボタンの横にあります。

KX800の電源とUSBポート

フル充電でのバッテリーの持ちは10日間ですが、バックライトをオフにした場合はなんと20週間(約5か月)!
充電を忘れてもいいほどのスーパー省電力です。

MX KEYS KX800の打鍵感・使った感想

KX800タイピングイメージ

ガチャガチャと安っぽい音を立てることもなく、静かで高級感のある打ちごたえ
タイピングしていて、とても快適で気持ち良いです

球状のくぼみが指をキーの真ん中に導いてくれるので、ミスタッチが減ったと実感。

810gの重さがタイピングの安定性に寄与しており、打っていてキーボードがずれることはありません。

ノートPCと同程度のキーストローク(1.8mm)であることも個人的に高ポイントです。

MX KEYS KX800のデメリット

悪いところを探すのが難しい名機なのですが、2週間ほど使ってみて細か~いところが気になってきました。
私自身はあまり感じないが一般的に気になりそうなところも合わせてお伝えします。

マウスが遠い

フルサイズキーボードなので当たり前ですが、マウスの置き場所がずいぶん遠くへ追いやられました。

キーによっては文字がごちゃごちゃしている

WindowsとMACの両方の表記があるため、キーによっては文字がごちゃごちゃしています。
ときどき「あれ、Altキーはどれだっけ・・・?」となることも。

KX800文字が多いキーたち
altキーやctrlキー、記号キーはごちゃごちゃです

ただし、慣れてしまえば全然問題ありません。

左側にもFnキーが欲しい

スタートボタンを半分にすればFnキーが作れると思いますが、そもそもこのキーボードがMAC優先な作りなのかも。

USBレシーバーの収納場所が欲しい

USBレシーバーを使わないと失くしてしまいそう。
キーボードの裏側にでもレシーバーを収納できるとうれしいです。

キーボードの角度調整

口コミや他の方のレビューで、角度調整が欲しいという要望をちらほらと見かけます。

もし取り入れるとしても、安定感とのトレードオフになるので難易度は高そうですね。

左上の「半角/全角」ボタンが小さい

ここだけキーの大きさが少し小さくなっているのですが、意外と使用頻度が高いので普通の大きさだとありがたいですね。

まとめ

本記事では、「ロジクール MX KEYS KX800ワイヤレスキーボード」のレビューをしました。

おすすめポイント
  • 静かなタイピング音で、ミスタッチが少なくなるキーのデザイン
  • テンションが上がるバックライト
  • 最大3つまで登録できるマルチデバイス機能
  • Logicool Optionsでのキーカスタマイズ
  • 超寿命のバッテリー
いまいちなポイント
  • 一部のキーは文字がごちゃごちゃしている
  • USBレシーバーの収納場所がない
  • 左側にFnキーがない
  • 左上の半角/全角ボタンが少し小さめ

いまいちなポイントはいずれもささいな問題です。

そのため、結論としては価格に見合うだけの価値があるキーボードです
特にWebライターやシステムエンジニアなど、仕事で毎日キーボードに触れる方なら自信をもっておすすめできます。

仕事道具はいいものを揃えるべきだなと実感した製品ですね。

以上、参考になれば幸いです!

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を日々模索している。