ガジェット PR

SOUNDPEATS GoFree2をレビュー!テレワークに最適なハイレゾ対応の高音質イヤホン

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

耳をふさがないオープンイヤー型のワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS GoFree2」が発売されました。

SOUNDPEATSのイヤホンは音質がよく、テレワークへの相性もよさそうなのでいいなぁと思っていたところ、メーカー様より実機を提供いただきました。

そこで本記事では、SOUNDPEATS GoFree2を実際に使ってみた感想をお伝えします

テレワークや外歩き用のイヤホンを探しているなら、とてもおすすめなのでぜひ参考にしてみてください。

SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥7,880 (2024/06/09 18:16時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場

SOUNDPEATS GoFree2の仕様・スペック

SOUNDPEATS GoFree2

GoFree2の仕様・スペックは以下のとおり。

Bluetooth仕様

Bluetoothバージョン5.3
対応プロファイルA2DP 1.3,AVRCP 1.6,HFP 1.7,SPP 1.2,GATT
対応コーデックAAC,SBC,LDAC
通信範囲10m

基本仕様

本体寸法(L*W*H)84.4*65.3*28.9mm(ケース込み)
重量約9g(イヤホン/片側) 約71g(充電ケース+イヤホン両側)
防水規格IPX5

バッテリー

バッテリー容量450mAh(ケース)60mAh(イヤホン)
最大再生時間約9時間
約35時間 (充電ケース併用)
充電時間1.5時間(イヤホン本体)
充電ポートType C

SOUNDPEATS GoFree2の外観・デザイン

まずはケースから。

SOUNDPEATS GoFree2の充電ケース

コンパクトで丸みを帯びたデザインなので、カバンにはもちろんポケットにもスッと入れられる大きさです。

表面はざらっとした手触りのマット加工がされていて、指紋がつきにくくなっています。

逆にホコリはつきやすい加工ですが、よーく見たら表面にうっすらと付着する程度なので、気になるレベルではありません。

SOUNDPEATS GoFree2の充電ケース拡大

本体は、同じく指紋がつきにくい表面で、かつ半光沢加工。

SOUNDPEATS GoFree2本体

タッチボタンとフック先端の銀色部分がいいアクセントになっています。

SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥7,880 (2024/06/09 18:16時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場

とても優しく疲れない装着感

SOUNDPEATS GoFree2を着用

GoFree2の装着は耳掛け式。

片耳たったの9gでとても軽く、ホールド感はありつつもソフトな着け心地です。

着用しっぱなしで8時間ほど過ごしてみましたが、つけているのを忘れるくらいに着け心地がよいですね。

メガネとGoFree2を着用

メガネをかけてGoFree2をつけてみました。

メガネをつけてSOUNDPEATS GoFree2を着用

構造的にメガネとイヤホンのフレームが干渉しますが、干渉するフック部分が細く作られているので、気になりません。

メガネ&マスクにGoFree2を着用

メガネにマスクをした状態でGoFree2をつけてみました。

メガネとマスクをつけてSOUNDPEATS GoFree2を着用

さすがに耳周りがごちゃついていますが、着用はできます。

ただし、最後にマスクをつけるとマスクの紐がイヤホン本体を覆うことになるので、マスクの後にGoFree2を着用するのがおすすめです。

散歩やランニングでの使用

散歩中の使用は、このイヤホンがもっとも活躍できる場面の一つといっていいでしょう

イヤホンが軽くてオープンイヤー型なので、イヤホンによる疲れがかなり少ないです。

後ろから来る車やバイクなどに気付くことができて、安全面でも安心!

30分ほどのランニングでも使ってみました。

肌に直接あたる部分がシリコンのような素材でできているので、汗をかいてもさらっとしてべたつきません。

SOUNDPEATS GoFree2の裏面

ソフトなフィット感で軽量なので振動で外れてしまわないか不安でしたが、ランニングくらいでは全然大丈夫でした。

ただし、私の場合は遅い速度で走っているので、ランニングガチ勢の人はホールド感の優れているRunFreeがおすすめです。

GoFree2はハイレゾ相当の最高音質が楽しめる

SOUNDPEATS GoFree2 ラムダ型音響空間2.0
画像引用元:SOUNDPEATS

16.2mmの大口径ダイナミックドライバーを採用、SOUNDPEATS独自の「ラムダ型音響空間2.0」と低音補強アルゴリズムによって、イヤホンでありながら迫力のある低音が響きます。

高音から低音までとてもクリアに音が聞こえるので、とても心地よいです。

また、ハイレゾ音源が楽しめるLDACに対応

1万円以下のイヤホンでハイレゾ対応ってすごいですよね。

私自身はハイレゾのすごさがわかるほど聴きとれる能力がないのですが、わかる人はぜひハイレゾ音源を聴いてみてください。

Amazon Music Unlimitedなら最初の1ヵ月無料で、1億曲以上が広告なし、オンデマンドで聴き放題!ハイレゾ対応曲も700万曲以上

月額980円、プライム会員なら月額880円または年額8,800円で利用可能です。

専用アプリで好みの音質へ変更可能

GoFree2は、SOUNDPEATSのイヤホン共通で使える専用アプリで、好みの音質へ設定変更できます。

SOUNDPEATS専用アプリTOP

イコライザーのプリセットは以下の9種類から選択可能。

SOUNDPEATS専用アプリ プリセット

聴く音楽に応じて、最適な音質で楽しむことができます。

また、カスタマイズ機能もあり、自分好みに細かく音質を変えられます。

SOUNDPEATS専用アプリ イコライザー

好みの音質がわからない場合は、「アダプティブイコライザー」というAI機能で、アプリにイコライザーをカスタマイズしてもらうことが可能。

3分ほどの聴力テストを行うことで、自分に合ったイコライザーが自動生成されます。

SOUNDPEATS専用アプリ アダプティブイコライザー
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥7,880 (2024/06/09 18:16時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場

ボタン操作はタッチ式なので慣れが必要

GoFree2のボタン操作はタッチ式。左右の銀色の部分をタッチすることで操作ができます。

SOUNDPEATS GoFree2タッチボタン

主な操作方法は以下のとおり。

電源オン自動:充電ケースを開く
手動:ボタンを1.5秒長押し
電源オフ自動:イヤホンを充電ケースに入れて蓋を閉じる
手動:ボタンを約10秒長押し
再生/一時停止どちらかのボタンをダブルタップ
音量-左側イヤホンのボタンをタップ
音量+右側イヤホンのボタンをタップ
曲送り右側イヤホンのボタンを1.5秒長押し
曲戻し左側イヤホンのボタンを1.5秒長押し

ちなみに個人的には(GoFree2に限らず)イヤホンのタッチ操作は苦手です。ボタンの位置を手探りで探すのが苦手なのですが、GoFree2はボタン部分が大きめなのでタッチし損ねることはほとんどないかなと思います。

バッテリー性能は最大35時間

連続使用時間はイヤホン単体で最大9時間、充電ケースの併用で最大35時間!

仮に1日9時間使い続けても、ケースに収納しておけば4日は連続使用できるということです

先に人間のほうが電池切れになってしまいますね。

充電はUSB-C。有線のみでワイヤレス充電機能はありません。

SOUNDPEATS GoFree2充電ポート

余談ですが、イヤホンをケースにしまうときに磁石でケースにパチッとくっつきます。充電のための接点がちゃんと触れるようにする対策だと思いますが、吸いつくような感覚がちょっと気持ちいいです。

SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥7,880 (2024/06/09 18:16時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場

マルチポイント接続

SOUNDPEATS GoFree2マルチポイント接続
画像引用元:SOUNDPEATS

マルチポイント接続は、2台までの機器に対して同時にBluetooth接続ができる機能。

接続先を手動で切り替える必要はなく自動で切り替えてくれるので、地味ながらとても便利です。

例えばテレワークをしている場合、ふだんはPCで音楽を聴いたりWeb会議に使い、電話がかかってきたらスマホで通話することが1つのイヤホンで実現可能。

なお、マルチポイント接続をONにするとLDAC(ハイレゾ相当の音質)がOFFになりますが、LDACじゃなくても音質はそもそもいいと私は感じるので、さほど問題ではないかなと思いました。

防水性能はIPX5

GoFree2の防水性能はIPX5。

IPX5とは「いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない」というレベルの保護等級です。

仮にイヤホンをつけたまま大雨に降られたとしても、故障することはないでしょう。

まとめ

本記事では、SOUNDPEATSのワイヤレスイヤホンGoFree2の使用感をお伝えしました。

こんな人におすすめ
  • テレワークで長時間イヤホンを使う
  • 外出中に耳をふさぐイヤホンは不安
  • 高音質で音楽を聴きたい
おすすめしない人
  • 電車など騒がしいところで音楽を聴きたい
  • 激しい運動をしながら使いたい

特に今カナル型イヤホンでテレワークをしている人には、GoFree2を使ってほしいですね。快適度がかなり上がるのでおすすめです。

以上、参考になれば幸いです。

SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥7,880 (2024/06/09 18:16時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場
ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 いかに快適で楽しくバイクに乗るかを日々追及している。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を常に模索している。