MT-25・MT-03

MT-25用のクールメッシュシートカバーをレビュー!真夏には必須級のアイテムです

ワイズギアのクールメッシュシートカバーの機能や座り心地ってどうなの?

ワイズギアから発売されているMT-25用のクールメッシュシートカバー、気になっている人もいるのではないでしょうか。

インターネットでも装着している画像が少なく、レビューも意外と少ないんですよね。

そこで、本記事では、クールメッシュシートカバーを愛車のMT-25に装着してみた感想をお伝えします

本記事を読むことで、クールメッシュシートカバーの効果や座り心地のイメージが掴めるようになります。

購入の経緯

MT-25のノーマルシートは、長時間乗っているとお尻が痺れてくるんですよね。

ボルトオンでつけられるカスタムシートが欲しい~と思い探したのですが、

  • 人気車種の割にカスタムシートが意外なほど売っていない。
  • あるのはノーマルシート自体のレザーを張り替えたりするサービスばかり。

ノーマルシート自体のカスタムもそれはそれで気になるところですが、

  • もっと手っ取り早くなんとかしたい!
  • 汎用ゲルザブのように見た目が「クッションつけてます!」感は好きではない。

との思いがあり、それならばワイズギアから発売されているクールメッシュシートカバーはどうなんだろう?
夏の通気性を売りにしているが、実はメッシュによるクッション性もあるのでは?と思い、購入してみました。

取付方法

購入時についてくる取説を見ていただければと思いますが、ざっくりと以下の手順です。

  1. タンデムシートを外す
  2. シートとタンデムシートの間にある黒いセンターカバーを外す
  3. リヤサイドカバーを外す
  4. シートを外して、メッシュカバーをシートに被せる
  5. 外した手順と逆の順番でシートやカバーを付けていく
  6. 完成!

取説が手元になく、記憶ベースなので間違っていたらご指摘ください。

工具は六角レンチやドライバーなど、標準的な工具があれば取り付け可能です。

装着後の見た目

こんな感じになりました。

クールメッシュシートカバー サイドから
クールメッシュシートカバー 上から

ノーマルのシルエットはまったく崩れていない!

むしろノーマルシートよりも濃い黒で、やや引き締まった感もあります。

接近して見てみると、レザーの質感にはさすがに勝てないですが、許容範囲内です。

座り心地

柔らかすぎず、硬すぎず絶妙な感触です。
メッシュカバーの厚みは8mmあるのですが、座ったら多少潰れるからか、足つきに関しては装着前との違いは感じられません。

そして、そもそもの目的であるお尻へのダメージがかなり軽減されました。

走行時間ごとのお尻へのダメージを簡単な表にまとめてみました。

走行時間/カバー有無メッシュカバーなしメッシュカバーあり
1時間以内痛くない痛くない
1~2時間ちょっと痛くなるまあまあ平気
2~5時間しびれるちょっとしびれる
5時間以上しんどいけっこうしびれる

5時間以上乗っていると当然ダメージはありますが、それはシートの形状的にしょうがないですね。

通気性

メッシュ効果により、お尻の下に風が流れる感覚があります

また、炎天下での駐車でシートが熱くなることもないので、不快感がかなり軽減されますね。

夏のツーリングは、メッシュカバーの有無で快適さがかなり変わります

冬もつけっぱなしで乗っていますが、冷えてしまうことはありません。

まとめ

本記事では、MT-25のクールメッシュシートカバーについてレビューしました。

  • ノーマルシートからの印象が変わらない
  • シートのクッション性がアップ
  • 通気性がよく、炎天下でシート表面が熱くならない
  • 1万円以下の安さ

結論としては、とてもおすすめの商品です

しかし・・・残念ながら2021年で販売終了となってしまいました。

以下の汎用メッシュシートカバーでも同様の効果があるので、今買うならこちらですね。

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を日々模索している。