バイク

真夏のバイクツーリングの暑さ対策に!おすすめバイク用品・グッズ11選

梅雨が明けた!夏だ!バイク乗るぞー!
……暑すぎるぅ!!真夏でも快適にバイク乗る対策はないの?

ここ最近の夏は暑すぎて、バイクに乗りたくても乗ることをためらってしまいますよね。

かといって大した対策もせず衝動のままに走り始めると、最悪は熱中症になってしまう危険性があります。

そこで本記事では、夏のバイクツーリングを快適に過ごすための対策を解説し、暑さ対策にオススメのバイク用品・グッズを紹介します

本記事を読むことで、夏にバイクへ乗るときの熱中症対策がわかり、快適なツーリングが楽しめるようになります

夏のバイクの暑さ対策は4つ

夏のバイクの暑さ対策は、以下4つが基本です。

  • 直射日光の対策
  • 効率的な汗の気化
  • 定期的な水分補給
  • バイクからの発熱対策

それでは、それぞれの対策について解説していきます。

直射日光の対策

バイクに乗っているときには、できるだけ肌を露出せず直射日光を浴びないことが大切です。

夏の強力な紫外線であっという間に日焼けしてしまい、日焼けした箇所の火照りが続くことで、体力が奪われてしまうからです。

夏は何もしていなくても暑さで体力を消費するので、可能な限り肌を露出しないようにしましょう。

首や手首は露出しがちな箇所ですので、特に気をつけましょう。

以下は悪い例です。夏の沖縄なのにポロシャツ1枚でレンタルバイクをしたときの写真です。この後、日焼けの痛みで大変なことになったのは言うまでもありません。

半袖で夏の沖縄ツーリング

効率的な汗の気化

夏はどうしても汗をかいてしまうものですので、いかに効率よく汗を気化させるかがポイントです。

ライダー自身の通気性をあげることで、効率よく汗を気化させましょう。

通気性を上げる代表的なバイク用品としては、メッシュジャケットやメッシュグローブなどの各種メッシュアイテムです。

なんだかんだメッシュは通気性最強です。

定期的な水分補給

これは暑さ対策というよりは、どちらかといえば熱中症対策になります。

よく聞くフレーズですが「こまめな水分補給」が本当にとても重要です。

夏は、何もしていなくても汗をかくことによって身体の水分がどんどん失われていきます。

「喉が渇いたな……」と感じたときにはもう遅いかもしれません。

そう感じる前に、こまめに水分補給をしましょう。

夏のツーリングは休憩多めくらいがちょうどいい!

バイクからの発熱対策

大型バイクの場合、エンジンからの熱気はものすごいです。

足の間に火鉢を抱えて走っているようなものですからね。

薄いパンツをはいていたら、エンジンの熱気によって太ももが火傷になることもあります。

エンジンの熱気による火傷をしないよう、レザーパンツやヒートガードつきのパンツで対策しましょう。

暑さ対策におすすめのバイク用品・グッズ11選

これまでに解説しました暑さ対策のためにオススメするバイク用品・グッズは、以下のとおりです。

  • メッシュジャケット
  • 冷感インナーウェア
  • リキッドウインド
  • メッシュグローブ
  • エアーヘッド
  • THANKO 水冷クールベストLite
  • マクナ クーリングベストエボ
  • ネックウォーマー
  • ネッククーラー
  • ヒートガードつきメッシュパンツ
  • メッシュシートカバー
  • おまけ:制汗シート

それでは、それぞれのバイク用品について紹介していきます。

メッシュジャケット

メッシュジャケット
出典元:KOMINE

メッシュジャケットは、その名のとおりメッシュ素材でできたジャケットで、通気性に優れています。

通気性を重視したフルメッシュタイプと、カジュアルな服装に合わせやすいハーフメッシュタイプがありますが、真夏に着るならフルメッシュタイプ一択です。

このあとに紹介する冷感インナーウェアと合わせて着ると効果が高まります。

冷感インナーウェア

冷感インナーウェア
出典元:LIDEF

冷感インナーウェアは、触ると冷たく感じる素材でできたインナーのことです。

速乾・伸縮性に優れており、着心地がいいものが多いです。

その中でも「氷撃 フリーズテック」は、電熱ウェアHEATECH(ヒーテック)を取り扱っている会社が開発しているだけあって、高品質でオススメ。

裏地の特殊な冷感プリントが汗を吸収することによる吸熱反応で、生地自体の温度を下げるという仕組みです。

メッシュジャケットと合わせて着ると、走行風による気化熱により冷感効果がさらにアップします!

長袖と半袖がありますが、できれば長袖のほうをおすすめします。

半袖の場合は腕の汗がライディングジャケットへ直接触れることになってしまい不快であること、冷感インナーは肌に触れることで冷たさを感じるものだからです。

リキッドウインド

リキッドウインド
出典元:RSタイチ

冷感インナーウェアの進化形!?

男性用化粧品メーカーであるマンダムとRSタイチの共同開発により誕生したリキッドウインドは、腰につけたスプレーボトルから専用の冷却水をインナーへ吹き付け、走行風を受けることで胸部と背中を集中的に冷やします。

リキッドウインド図解
出典元:RSタイチ

専用の冷却水は、マンダム独自技術によるメントール配合で、冷たさが長時間持続するようにできています。

インナーの温度は最大で5.2℃も低下

発売された2021年には、モトライズを始めとしたバイク情報番組でも取り上げられ、YouTubeでも色んな人がレビューしており、注目のアイテムとなっています。

2年目となる2022年モデルは、直射日光やアスファルトの照り返しによる冷却水ボトルの温度上昇を抑えるように改良したり、冷却水の吹き付け場所を見直すことで、より冷却性能が向上しています。

買うなら改良された今ですね!

メッシュグローブ

メッシュグローブ

メッシュグローブは、手の甲側にメッシュ素材を使用したバイク用グローブです。

メッシュジャケット同様、やはり夏用グローブはメッシュで通気性を確保しましょう。

最近は、スマホのタッチパネルに対応したモデルや、プロテクターつきのモデルもあります。

暑いからって素手は危ないですよ!

エアーヘッド

AirHead

数年前から多くのバイク用品店で見かけるようになった「TOO WHEEL COOL エアーヘッド」。

ヘルメットの中にエアーヘッドを入れることで、頭皮との間に空間を作り出し、ヘルメット内部で空気が流れるようになります。

ヘルメットのベンチレーションを開けると、ヘルメットの中に風が通るのをしっかりと感じることができますよ!

また、ヘルメットによって髪の毛がつぶれてしまう悩みも軽減されるので、季節にかかわらずオススメです。

バイクヘルメット用グッズ「エアーヘッド」をレビュー!髪への効果は?トゲは痛い?ヘルメットを長時間かぶっていると髪の毛がペチャンコにつぶれてしまうのを何とかできないか?という悩みは、バイク乗りならば誰しも思っていることですよね。 そこで、「髪型が崩れない!」「頭が痛くなる」という噂のエアーヘッドがどんな使い心地なのか購入して試してみました。...

THANKO 水冷クールベストLite

水冷クールベストLite
出典元:THANKO

冷感インナーウェアが空冷だとしたら、こちらは水冷!

いわゆる「水冷ベスト」と呼ばれるアイテムです。

背中のタンクに氷と水を注入し、モバイルバッテリーを電源として冷水をベスト内に循環させるという仕組みです。

電熱ジャケットの夏バージョンのようなものですね。

外気温との差は約10℃も下がります。

走行風に頼らないので、信号待ちでもずっと涼しいのが最大のメリット!

デメリットは約3時間しか効果が持続しないところですが、ショートツーリングや通勤・通学用と割り切ってしまったり、途中のコンビニで氷を買ってベストに注入することで対処はできますね。

MACNA Cooling Vest EVO(マクナ クーリングベストエボ)

マクナ クーリングベストエボ
出典元:Amazon

こちらは「半水冷」といえる仕組みの水冷ベストです。

オランダのMACNA(マクナ)というメーカーで開発されたバイク用の水冷ベスト「Cooling Vest EVO(クーリングベストエボ)」。

ベストの背中の上にある注入口から水道水を入れるだけで、冷却効果はなんと5〜15℃も下がります。

走行風によりベスト内の水分を気化させて温度を下げる、という仕組みです。

冷却効果の持続時間は8~72時間

外気温によって持続時間が変わるようですが、泊まりツーリングでもずっと効果が持続できるなんてすごいですよね!

ネックウォーマー

夏用ネックウォーマー
出典元:LIDEF

ネックウォーマーというと冬の防寒具をイメージされるかもしれませんが、ここで紹介するのは通気性の高い夏用ネックウォーマーです。

首周りを守るものを何もつけないとライダーの首は基本むき出しになるので、日焼けや熱中症の原因になってしまいます。

直射日光から首を守るために、UVカット率の高いものや冷感素材のネックウォーマーがオススメです。

ネッククーラー

身体を冷やすには大きな血管を冷やすことが大切と言われています。

その大きな血管の一つである首周りを効率的に冷やしてくれるのがネッククーラー。

スイッチを入れると、なんと2秒で冷たさを感じることができます。

専用バッテリーで最大2時間、10000mAhのモバイルバッテリーを接続すると最大20時間も連続して使用できます。

バイクのUSBポートから給電すれば、モバイルバッテリーの持続時間も気にせず使えますね。

本体重量はサトウのごはんとほぼ同じ重さである220gなので、首への負担も大したことはありません。

防塵・防水仕様なので、急な雨でも壊れることがないのは安心ですね。

これなら信号待ちや渋滞のときも涼しい!

TKNNC22
¥3,900 (2022/11/01 17:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

【夏のバイクツーリングの暑さ対策】首を冷やせば涼しい!ネッククーラーSlimレビュー夏は何の準備もせずにバイクで走り始めると、最悪は熱中症になる危険性もあるので、身体を冷やす対策が必要です。 具体的な方法は、首すじを冷やすのが効果的。 そこで、首すじを集中的に冷やしてくれるグッズ「ネッククーラーSlim」を購入しましたので、ツーリングでの使用感をお伝えします。...

ヒートガードつきメッシュパンツ

ヒートガードつきメッシュパンツ
出典元:デグナー

パンツも夏はやはりメッシュが最強です。

しかしオールメッシュ&大型バイクの組み合わせは、エンジンからの排熱で火傷してしまうかもしれません。

そんなときは、足の内側にレザーのヒートガードがついているメッシュパンツがおすすめです。

エンジンの排熱による火傷を防止しつつ、メッシュの通気性で走行風をたくさん取り込んでくれます。

ヒザと腰のプロテクターも標準装備しているので、万が一のときにも安心ですね。

メッシュシートカバー

メッシュシートカバー
出典元:KOMINE

夏はバイクのシートに座っているだけでお尻が蒸れてしまいます。

それを防いでくれるのがメッシュシートカバー。

メッシュがお尻とシートの間にすき間を作ってくれるので、走行風が抜けることにより蒸れを防いでくれるという仕組みです。

また、休憩でバイクを炎天下に置いておくと、シートはアッツアツな状態になっています。

そんなバイクにまたがるだけで体力がどっと奪われてしまいますが、メッシュシートカバーは熱を吸収せず、シートがアツアツな状態になることを防いでくれます。

さらに、メッシュの厚みと柔らかさによりシートの座り心地が向上するという効果もあります。

値段の割に効果がとても高いアイテムです!

MT-25用のクールメッシュシートカバーをレビュー!真夏には必須級のアイテムです ワイズギアのクールメッシュシートカバーの機能や座り心地ってどうなの? ワイズギアから発売されているMT-25用のクールメッシ...

おまけ:制汗シート

メンズビオレ ボディシート
出典元:花王

夏のツーリングには制汗シートを持っていきましょう。

色んな対策をしても、ある程度の汗はかいてしまうもの。

休憩のときに制汗シートで顔や身体を拭くことで、心身ともにリフレッシュできますよ!

まとめ

本記事では、夏のバイクツーリングを快適に過ごすための対策を解説しました。

  • 直射日光の対策
  • 効率的な汗の気化
  • 定期的な水分補給
  • バイクからの発熱対策

そして、暑さ対策のためのバイク用品おすすめ11選を紹介しました。

しっかりと暑さ対策、熱中症対策をすることで、真夏でも充実したバイクライフを過ごしていきましょう。

以上、参考になれば幸いです!

Amazonでよく買い物をするなら

「Amazonプライム会員の登録」がおすすめ!

  • 送料無料、お急ぎ便などのさまざまな配送オプション
  • Prime Videoで人気の映画やテレビ番組が見放題
  • Amazon Musicで200万曲以上聞き放題
  • Amazon Readingで1000冊以上の本が読み放題
  • Amazon Photoで無制限のストレージ

無料体験後は月500円(税込)、いつでも解約できます

ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 いかに快適で楽しくバイクに乗るかを日々追及している。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を常に模索している。