MT-25・MT-03

ヤマハMT-25の2022年モデルが発表!クイックシフターがオプション設定に

4月22日、ヤマハMT-25の2022年モデルが発表されました。

カラーやスペック、新装備がどうなっているのか気になりますね。

そこで、本記事では2021年モデルから2022年モデルがどう変わったのかを解説します。

平成32年の排出ガス規制に適合しながら、現行性能を維持

MT-25 2022年モデル エンジン

年々厳しくなる排出ガス規制をクリアしつつ、現行スペックを維持してきたのはさすがです。

それに伴ってなのか、アンダーカウルの形状が変わりました。

また、エキゾーストパイプの形状も変わりましたね。

MT-25 2022年モデルと2021年モデルのエキパイ比較

カラーバリエーションは3色

2022年モデルのカラーバリエーションは以下の3種類。

  • パステルダークグレー(グレー)
  • ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
  • マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

パステルダークグレー(グレー)

MT-25 2022年モデル グレー

グレーのボディにビビッドなシアンのホイールがかっこいい!

カタログのTOPがこのカラーだったり、YZF-R25もシアンカラーがあったりすることから、最近のヤマハはシアン推しですね。

MT-25 2021年モデル グレー
2021年モデルのグレー

2021年モデルとの大きな変更点は、ホイールのカラー。

ホイールに合わせてボディのラインデザインがシアンをベースに変更されています。

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

MT-25 2022年モデル ブルー

ヤマハといえばブルーは外せません。

昨年のブルーと比較すると、フロントフェンダーなどの白っぽい部分がダークブルーに変更されていて、より精悍さが増しているように見えます。

MT-25 2021年モデル ブルー
2021年モデルのブルー

マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

MT-25 2022年モデル ダークグレー

2021年モデルと同じく、ほぼブラックとも言えるクールなカラーです。

わずかに残ったシルバー部分をブラックにしたり、レバーやべダルを差し色にするなど、カスタムベースとしての妄想が広がりますね。

MT-25 2021年モデル ダークグレー
2021年モデルのダークグレー

クイックシフターに対応

クイックシフトキット

2022年モデルは、クイックシフターがアクセサリーとして設定されました。

MT-25のクラッチ操作は楽なほうですが、取り付けることでロングツーリングがさらに快適になりますね。

アクセサリーなので、クラッチ操作が好きな人はつけないという選択ももちろんOK。

まとめ

本記事では、MT-25の2022年モデルについて解説しました。

  • 平成32年の排出ガス規制に適合しつつ現行スペックを維持
  • カラーは3色(グレー、ブルー、ダークグレー)
  • クイックシフターがアクセサリーとして設定

価格は632,500円(税込)、発売日は5月25日です。

昨今の状況から、納車までに時間がかかることが予想されますので、気になったら近所のバイクショップに問い合わせしてみましょう!

※画像出典元:ヤマハ発動機

【初心者向け】MT-25の新車か中古車を買いたい!【近所のバイク屋の探し方】 MT-25かMT-03を買いたいと思っているんだけど、新車と中古車だとどっちがいいのかな?どうやって近くのバイク屋さんを探したらいい...
バイクを安く買うための方法4つを解説!【新車、中古どちらも値引き可能】バイクは決して安くない買い物なので、少しでも安く買いたいけどどうすれば値引きできるのか、わからないですよね。 そこで、バイクをできるだけ安く買うコツについて解説します。...
ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を日々模索している。