バイク PR

【徹底比較】ビーコムのインカムSB6XRとONEどっちがおすすめ?5つの違いを解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

バイク用のインカムといえば、シェアNo.1であるサインハウスのB+COM(ビーコム)が有名です。

ビーコムにはハイエンドモデルのSB6XR、プレミアムスタンダードのONEがありますが、どっちがいいのか、どう違うのかわからない人もいるかと思います。

価格面では約9,000円も変わってくるので、自分のスタイルに合わないモデルを買って後悔しないように選びたいですよね。

そこで本記事では、ビーコムSB6XRとONEの違いを解説します

本記事を読むことで、自分に合ったビーコムのモデルがわかり、インカムを活用することでバイクライフがさらに楽しくなるでしょう。

SYGN HOUSE(サインハウス)
¥38,667 (2024/05/06 12:37時点 | Amazon調べ)

B+COM(ビーコム)SB6XRとONEの違いは5つ

B+COM SB6XRは最高の機能を盛り込んだビーコムのハイエンドモデル。

引用元:SYGN HOUSE

B+COM ONEは必要充分な機能を持ちながら、リーズナブルな価格帯を実現したプレミアムスタンダードモデルです。

B+COM ONE
引用元:SYGN HOUSE

値段ではSB6XRが44,000円、ONEが34,980円と約9,000円の差があります。そんなSB6XRとONEの違いは以下の5つ。

  • 聴きトーク
  • マイクなどの付属品
  • 連続使用時間
  • 大きさ・重量
  • デザイン

それでは、具体的な違いについて解説していきます。

聴きトーク

SB6XRにはBluetoothのチップが2つあるので、インカム通話をしながら音楽を聴いたりナビの音声を聞くことができます。また、オーディオシェアという機能があり、仲間同士で音楽やナビ音声を同時に聴くことも可能。

いっぽうONEはBluetoothのチップが1つなので、インカム通話とスマホ接続は同時にできません。

同梱マイクが異なる

SB6XRは、フルフェイスに適したワイヤーマイクとジェットヘルメットに適したアームマイクがどちらも同梱されています。

B+COM アームマイクとワイヤーマイク
上がワイヤーマイク、下がアームマイク

ONEはワイヤーマイク同梱モデルとアームマイク同梱モデルの2種類があり、購入時にどちらかを選ぶことになります。

ONEのワイヤーマイクモデルを買ったけど、ヘルメットをジェットタイプに買い替えてしまった・・・!

という場合でも大丈夫です。オプションパーツとしてアームマイクやワイヤーマイクを別途購入できるので、別モデルを買いなおす必要はありません。

連続使用時間

SB6XRとONEそれぞれの連続使用時間は以下のとおり。

機種インカム通話時音楽再生、ナビ接続
SB6XR最大約22時間最大約24時間
ONE最大約12時間最大約14時間

性能差はかなりありますが、どちらも1日ツーリングで充分持つバッテリー性能です。

早朝出発して深夜まで走り続けるタフな人でない限りは、どちらを使ってても不満を感じることはないでしょう。

大きさ、重量

機種大きさ重量
SB6XRW107×H45.7×D23.6(mm)53g
ONEW94.8×H42.1×D23.2(mm)43g

SB6XRよりもONEのほうが少し小さくなっており、重量もSB6XRより10g軽いです。

ただし、ヘルメットの重量に比べれば10gの差は誤差レベルと言っていいでしょう。

私はSB6Xを使っていますが、ヘルメットにつけていても重量感を感じたり大きいと感じることはないですよ!

デザイン

見た目で大きく異なるところはアンテナの有無です。SB6XRはアンテナがありますが、ONEにアンテナはありません。

私はいつもアンテナを畳みっぱなしですが、通話やスマホ接続時にも支障はないですね。

あとはボタンの配置が少し異なっています。SB6XRでは本体後方にボタンがありますが、ONEではやや前方に配置されています。

B+COM SB6XとONEのボタン配置
引用元:SYGN HOUSE

SB6XRとONE共通の機能は満足度が高い

SB6XRとONEどちらにも共通している機能は以下のとおり。いずれも高品質であり、機能面の満足度はかなり高いです。

  • 高音質プレミアムサウンド
  • ユニバーサル通話(他社製インカムとの通話)
  • 最大通話可能人数6人
  • 防塵・防水性能IP67
  • 豊富なオプションパーツ
  • モバイルアプリ対応

まとめ

本記事では、ビーコムSB6XRとONEの違いを解説しました。

SB6XRがおすすめなのはこんな人
  • 複数人でのツーリングをすることが多い
  • ナビの音声や音楽を聴きながらインカム通話をしたい
  • よりバッテリー性能が高いほうがいい
ONEがおすすめなのはこんな人
  • 初めてインカムを使う人
  • ソロツーリングや通勤など一人でバイクに乗ることが多い人
  • SB6XRを持っていて、パートナー向けにもう1台用意したい

SB6XR、ONEどちらも品質が高く、長い間愛用できるインカムです。

インカムを使ってバイクライフをより楽しいものにしていきましょう!

SYGN HOUSE(サインハウス)
¥38,667 (2024/05/06 12:37時点 | Amazon調べ)
ABOUT ME
トム♂
バイクに乗り続けて20年以上。 原付から大型バイクを経て、今の愛機はヤマハのMT-25。 いかに快適で楽しくバイクに乗るかを日々追及している。 本業は金融機関系のシステムエンジニア。 ほぼテレワークのため、快適なテレワーク環境を常に模索している。